2013年12月18日

市民憲章の推進

全国の多くの市では「市民憲章」が制定されている。
市制の周年事業の一つとして制定されたところも少なくないという。
我が瀬戸市も市制50周年の時に定められた。

そのこと自体特に問題ではない。
しかし、市民憲章制定後の活動という事になると各市千差万別のようである。

聞くところによれば、「市民憲章推進協議会」なる組織が各所にあり、その全国組織(連絡協議会)もある。
そのほとんどが「行政組織内に推進事務局」をもち、自治体経営との整合をはかりながら憲章の推進運動を行なっているようだ。

瀬戸市では100%民間でこの推進組織を立ち上げた。
とても大きなことだが、その勇気に敬意を表し、できる限りの応援をしようと思っている。

とは言っても、具体的に「何をするのか」が、まだハッキリしていない。
当面は志を同じにする「同志」を集める事になるが、その過程において「活動目標や計画」を策定する事になろう。

外部に広報しての最初の会合が昨晩開かれた。
集まったのは全部で10人。

いろいろな意見交換をしようと考えていたが、食べながら、飲みながらだと4〜5人がいいと感じた。
昨晩の10人だと、一人の発言に9人全員が注目するのは難しく、隣同士などで異なる話が始まってしまうのだ。

食べながら、というのはいけないわけではないが、少し工夫が必要のようだ。

でも、回を重ねればかなり面白いものがアウトプットできそうである。
とにかく第一歩を踏み出した。

posted by 伊藤保徳 at 15:05| Comment(0) | 社会貢献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。