2012年05月10日

みんなの環境学園

昨日の中日新聞でも報じられたが、瀬戸市の真ん中(名鉄尾張瀬戸駅近く)に「みんなの環境学園」が開校する。

パンフレットによれば「みんなの環境学園」(通称「みん学」)とは、《新しい価値観と伝承される文化・コミュニケーションなど、既存の全日制高校では「居場所を見出せない」「価値を見出せない」「物足りない」「学校の勉強はキライ」「何のためにするのかワカラナイ」という生徒のために、地域や自然環境を通して、多様な人材や団体と一緒に自制心・自立心を構築し人間力を培う高校卒業資格のとれる学校になります。》

この説明だけでは理解するのが難しい。
何かの原因で高校を中退してしまった生徒、高校に通いながら悩んでいる生徒などを対象として、学力と人間力のバランスの取れた人材を育てよう、という狙いのようだ。

私はこの学園の校長をつとめる若者と先週の土曜日に初めて会った。
学園のパンフレットを見た私の先輩が紹介してくれたのである。

その時は、お酒をいただきながらということもあり、改めて会うことにした。
翌日メールで、「話を聞いて欲しい」とのこと。
月曜日に準備中の学校を訪ね、お互いの時間調整をし、昨日の午後、1時間半ほど話を聞いた。

学校のこともいろいろ聞いたが、それ以外の「瀬戸の街や自然」のことや、「祭りやイベントを盛り上げる仕掛け」のことについて、熱く語ってもらった。
共感するところも多くあり、何かを一緒にやれそうな気がした。

若者が、いろいろ考えながら決断し、第一歩を踏み出した時のパワーは凄いと感じる。
こういう力を引き出すこと、活用するすることこそが大人の責任だと思う。


posted by 伊藤保徳 at 06:38| Comment(2) | 人材育成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございます。
瀬戸で生活する者として、また次世代に思いを繋げる者として、頑張っていきたいと思っております。
何卒、ご指導よろしくお願いいたします。
Posted by 小井出 博文 at 2012年05月14日 16:34
小井出さん、コメントをありがとうございました。

みな学のこと、微力ながら応援します。
頑張りましょう。
Posted by 伊藤保徳 at 2012年05月16日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。