2014年06月20日

善意に感謝

昨日、大変な失敗をやらかしました。
午前7時過ぎからの仕事があり、有料駐車場にマイカーを入庫しました。

さて、用事を済ませ駐車の精算をしようとしたところ、入庫カードが見当たりません。

まずは入庫後移動したところをたどって見ました。
駐車場からエレベーターで1階に、その後洗面所を経由して事務所に行きました。
事務所でも動いたところを見てもらいましたがどこにも見当たりません。

聞けば、管理事務所に行って3千円を払い出庫し、入庫カードが見つかれば後で精算してもらえるとのことでした。

次の予定もあったので3千円を覚悟しました。

事務所の場所を確認しようと精算機についているインターホンで呼び出しました。

「どうされましたか?」
「おはようございます。実は入庫カードを紛失してしまいました。
とりあえず出庫したいので手続きをしたいんですが、どこに行ったらいいでしょうか。」

「ちょっと待ってください。」

こんなやり取りをし、しばらく待ちました。

すると・・・
「お客様の入庫は何時だったんでしょうか?」

こんなことも聞かれるんだ、と思いながら「7時少し前です。」と答えました。

すると・・・
「お客様、6時50分ではないですか?」と、妙に念押しをされました。
そこで、「ええ、そのくらいの時間でした」、と答えたところ「そうであれば、そのカードは事務所に届けられていますよ」、とのことでした。

一瞬耳を疑いました。

紛失した入庫カードが、遺失物として届けられているとは夢にも思いませんでした。

結果、その入庫カードで精算しましたが、ピッタリ1時間以内で、料金は無料でした。

届けていただいた善意ある人に心から感謝申し上げます。

そんな訳で、昨日は、一日中嬉しい気分で過ごすことが出来ました。

ひょっとすると、洗面所であった「あの人」が届けてもらったのかもしれません。


posted by 伊藤保徳 at 11:02| Comment(0) | やすのり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。